九州大学工学部エネルギー科学科

  • アクセス
  • お問い合わせ
  • English

令和4年度集中講義 エネルギ-科学特別講義Ⅶ(1単位)

 
対  象: エネルギー科学科を主とした工学部1・2・3・4年生
講  師: (株)フジタ 技術顧問(エネルギー事業推進部)  山本 健次郎 先生
                  (三菱重工業(株)OB :技監 エナジードメイン)
講義題目: エネルギー科学(熱工学、材料、他)の電力分野での最新対応について
授業日程: 令和4年9月26日(月) 13時 — 17時
      令和4年9月27日(火) 9時 — 17時
      令和4年9月28日(水) 9時 — 15時
       
講義場所: 筑紫キャンパス 総理工本館 C棟 1階 総理工第一講義室 

講義内容
エネルギー科学が電力を供給する分野でどのように社会実装されているかを講義する。最先端技術および脱炭素を求める社会情勢についても、工学部卒業生が理解しておくことが期待される内容を分かりやすく解説する。
9月26日(月) 第1講 13:00~14:30 文明と動力(電気)
         第2講 15:00~16:30 発電技術
9月27日(火) 第3講  8:40~10:10 高効率発電技術(USC*1、A-USC*2
         第4講 10:30~12:00 CSEF*3鋼(の顛末)
         第5講 13:00~14:30 電力レジリエンス
         第6講 15:00~16:30 蓄熱システム(例えば金属PCM*4の利用)
9月28日(水) 第7講  8:40~10:10 地球温暖化へのリテラシー
         第8講 10:30~12:00 課題への回答(レポート作成)
*1USC:Ultra-SuperCritical(超々臨界圧発電)、*2A-USC:Advanced-USC、
*3CSEF鋼: Creep Strength Enhanced Ferritic鋼、*4PCM:Phase Change Material(相変化による潜熱蓄熱材)

*受講希望者は、9月16日(金)まで下記へ学生番号、氏名をメ-ルしてください。
  担当: 光原 昌寿  電話:092-583-7522(筑紫キャンパスC棟3F 314室)
      E-mail:mitsuhara@kyudai.jp

 

PAGE TOP